FC2ブログ

花粉症! 鍼治療!

少し早いですが、

また今年もこの季節がやってきますね(;´・ω・)
花粉症です。

季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれる花粉症ですが、

日本では現在25%の人が花粉症患者と言われており、


その主なアレルゲンは、スギ、ヒノキ、ブタクサ、シラカンバなどなど。

症状は花粉の飛散時期にずっと続くため、複数の植物に反応する人で、


長ければ3ヶ月続くこともあるそうです。


また、多くの場合、一度発症すると来シーズン以降も同じ症状が起こります。

鼻や口だけに症状が現れるのではなく、のどや気管の粘膜に付いた花粉がかゆみや咳をひき起こしたり、

顔の肌に付着すると顔のほてりやヒリヒリを引き起こすこともあります。

自分は、このタイプ。鼻、目の症状と顔のヒリヒリ(;'∀')


その他、頭がボーっとしたり倦怠感やイライラを感じるなど、

生活に支障を来す症状を伴うケースも少なくありません。

そこでまだまだ馴染みのない話かもしれませんが


ほりうちケア鍼灸院整骨院ではハリによる症状の緩和、事前治療をオススメします!


鍼灸・針による花粉症治療は、花粉症が始まる時期、

つまり花粉が飛び始める時期の4週くらい前から始めるのがベストタイミングとされています。


例えばスギ花粉は2~3月に飛散し始めると言われますが、この場合は1月頃から施術をスタートし、


前もって免疫機能のバランスを整えIgE抗体の過剰な産生を抑制すれば、症状はかなり軽減されるのです。


ただし、症状がひどくなってからでも意味がないわけではありません。


現れている症状に素早く効果を表すツボを刺激しつつ、

免疫力の調整を目的とした治療を2~3回にかけて行うことで、症状の改善を期待することができます。

身体にあるツボや、症状緩和には直接鼻の周辺にあるツボを使います。



確実に花粉症を治すツボ。

というのは、あいにくまだ確立されていませんが

花粉症に効くツボはたくさんあります。

出ている症状には即効性もかなり期待できると思います( ..)φメモメモ

こちらで症状の緩和をしつつ、季節を乗り切る!

免疫の調整をする!

今年は試してみませんか!

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント